おとちゃん!

超個人的な音楽系ブログ

超個人的音楽系ブログ

ビバラロック2018の2日目に行った思い出を綴る

 もう2018年も半分まできてしまった...。20歳超えてから時の流れに完全に置いて行かれているので最近は自分が何歳なのかもパッと出てこなくなった。

 

 置いて行かれすぎて今更感が否めないがGWにさいたまスーパーアリーナで行われたビバラロックの2日目に行った思い出を書いてみる。既にぼんやりとした思い出になってしまっている…(笑)

 

 

 

 

 

 

 計画

 

 

〇は絶対見たい、△はできれば見たいけど見れなそう

 14:00くらいから時間があまるのでそこでご飯かな

 

 

 

 思い出

 

 物販列並びすぎでリストバンド交換所とかいろいろ位置が分からない。短気なのでこの時点で既にイライラ(笑)案内の人がずっとなにか言ってはいるが聞き取れず、見やすい看板かプラカードでも使ったらいいのにと思った。

 

 

 無事リストバンドと交換しクロークへ荷物を預けいざ出陣

 

 

 

My Hair is Bad

 

 出陣したはいいがこの時点でまだ9時半くらい。ステージは11:05から。しかしもう入れるようになっているので時間前だろうがなんだろうがどんどん人が増えていく。既にしんどい。

 

 

 始まる前にちょっと飲み物をと思ったが会場はパンパンでその場を離れれば絶対戻れないような状況。飲み物はあきらめた。

 

 

 10時過ぎたあたりでリハーサルが始まったがこれで盛大にぎゅうぎゅうになった。ちょ、まだ本番じゃないから落ち着いてと思ったが朝一の若者の体力は侮れない。跳ねたり押したり歌ったり「あれもしかして始まっている?」と思った。

 

 

 そしてぎゅうぎゅうのまま30分弱待つ...。帰りたい。始まったかと思ったら鹿野さんの挨拶。いらないから始めてくれ。

 

 とりあえずライブが始まるまで1時間以上あるなら30分前くらいになるまでは観客が入れないようにした方がいいんじゃないかと思う。

 

 

 感想は「MCなのか曲なのか分かんないな」という感じ。途中バンド演奏ありのままボーカルがずっと叫んでてそういう曲なのかMCが熱くなりすぎたのか判断がつかなかった。多分このバンドのワンマンは一生行かないなと思った。

 

 

 「幻」か「運命」やってくれたらいいなぁと思っていたがどっちもなかった。あの演説みたいのやめて人気曲増やせばいいのに。

 

 にわかなんですみません(笑)

 

 

 

 

ポルカドットスティングレイ

 

 

 スターステージからの脱出に時間がかかった+渋滞に巻き込まれたおかげで1曲だけ聴いて退散。声がすごく魅力的で驚いた。もっと聴いてみたかったけどまたスターステージに戻りたかったので泣く泣く諦めた。

 

 

 

KEYTALK

 

 マイヘアで想像以上に体力消耗してしまったため2階席へ。友人が近くにいるとのことで向かったが出口も入口もよくわからなくて結局1人観戦。

 

 

 いいセトリ。KEYTALKにわかでも8割知っている曲だったからここでやっと楽しいモードになって安心。やっぱり人気曲7割+新曲3割くらいのセトリの方がフェスでは受けがいいよね。

 

 

 2階席で1人踊りながら笑っていた不審者だったが最後の曲の途中で退散。

 

 

 

yonige

 

 なんて平和な空間。そして神セトリ。大好きだ。

 

 MCも男バンドのあの気持ち悪い感じはなくて最近あったこととか普通のことを曲の合間にサラッと喋ってサッと演奏する。私はこういうライブが好きなんだなと実感。

 

 

 

 

ビバラガーデンで昼食

 

 VIVA LA J-ROCK ANTHEMSを諦めて早々に昼食。しかしガーデンに出た瞬間に後悔。混みすぎ。いろいろな屋台が出ているが通路が狭すぎて身動き取れないし並ぶにも最後尾がどこだか分からない。

 

 

 どうにかちょっと広いところに出てラーメンGET。去年からsuicaで支払えるようになったって言ってた気がするんだけど現金のみだった。勘違いだったのか。

 

 

 そして買ったはいいが食べるところもない。なんかこの辺はどうにかしてほしい。やはりお昼時は時間ずらして行かないといけないな。

 

 

 

GOOD ON THE REEL

 

 ラーメンを食べ終わりコレサワまで時間があったので丁度始まったバンドを見た。クリープハイプかなってくらい声が高かった。

 

 

コレサワ

 

 実はこの日の本命はコレサワだったりする。フォーリミが出ない時点で行くのやめようかと思ったけどコレサワの歌が聴きたくて来た。

 

 「たばこ」と「SSW」を生で弾き語りで聴けたので「死ぬまでに果たしたいこと」が2つ一気に果たせた。嬉しい。

 

 たばこで号泣してる女子がいて何か辛いことでもあったのかなと思った。

 

 コレサワが歌い始めた途端風が強くなってスカートがめちゃくちゃひらひらしててロングスカートなのにセクシーな感じになってた。笑

 

 

 最後にステージから降りてきてハイタッチしてくれて大興奮。スタッフ大慌て。

 

 コレサワのワンマンはいつか行ってみたいなと思った。

 

 

サイダーガール

 

 室内の1番小さいステージ行ったの初めてだったんだけど他のステージと差がありすぎてびっくりした。私が辿り着いたころにはもう後ろの方まで人が詰まってたからステージがどこにあるのかすら分からない状態。

 

 2曲聴いて退散。

「NO.2」という曲が好きで聴きたかったけど結局やらなかったらしい。

 

 

 

ヤバイTシャツ屋さん

 

 

 コレサワが終わって結構余裕があったのでのんびり場所取り。後ろの端の方にいたらなんと土手が解放されたので3段目くらいにスタンバイ。

 

 始まったらみんな立ち上がったけど段差があるから全然見えるしすぐにスタッフが座るように注意して回ってたから全員座ってとても見やすかった。

 

 

 サークルモッシュ大量発生してて外から見てる分には面白かったけど下にいたらまじで迷惑な集団だなと思った。

 

 

 セトリも知ってる曲ばかりでラッキー。またひとりで踊ってた。

 

 

 途中で土手の目の前の通路をバンドマンたちが歩いてて大興奮。1段目に座ればよかったと後悔。笑

 

 KEYTALKのリードギターyonigeの2人、SHISHAMOのボーカルとベースとか後何人か通って行って曲どころじゃなかった。いい席だった。

 

 

 

 

The telephones

 

 良く見えるところで見たかったので4階席へ。高い。会場全体が見渡せるから面白かった。初めてこのバンドのライブ見たけどやりたい放題で楽しんでる感すごくて楽しかった。

 

 

 でも英詩の曲は全部同じに聴こえてしまうガキ耳なのでちょっと眠くなった。

 

 

 

 

 

 

THE ORAL CIGARETTES

 

 

 サークルモッシュが5~6ヵ所発生してて引いた。笑  下に行かなくて正解だったなという発想はやっぱり年のせいなのか。

 

 こちらも知っている曲ばかりで嬉しかった。ボーカルのテンションがおかしくなってて男バンドにありがちなあのMCになってたけどそれ以外はとても楽しかった。

 

 

 このバンドのボーカルはめちゃくちゃナルシストだと思うんだけど事実かっこいいから似合ってる。むしろナルシストキャラだからここまで大きくなれたんだろうな。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 今回なんとなく薄いなぁと感じた。初っ端から疲れ果てたせいか?全体的に楽しかったとは思うがなんか「不便」だったり「不満」だったりが残るフェスだった。

 

 

改善してほしいところ
  • 昨年できて今年できないことはアナウンス(suicaの件)
  • ビバラガーデンの通路を広く
  • 会場の扉などに案内図を貼ってほしい
  • 危険行為禁止にして

 

 

 

 

 

来年はどうする?

 

 出演者次第。大本命が来ないなら行かない。「ちょっと聴いてみたいかも」くらいのバンドしか出ないのに好んで行くほど居心地のいいフェスではないなと思う。