おとちゃん!

超個人的な音楽系ブログ

超個人的音楽系ブログ

aikoのお墨付きバンド「アカシック」をもっと知ってほしい

f:id:monmonb:20180601172738j:plain

 

 「アカシック」というバンドを知っているだろうか。まだまだ知名度は低いかもしれないがaikoが音楽番組でこのバンドを推したことで一気に世に広まった。

 

 

 aikoが好きだと言ったのは「8mmフィルム」という曲だがもっと他にも知ってほしい曲がある。一度聴けば絶対ハマる。

 

 

 

バンド構成

 

 

Vo. 理姫 女
Gt. 奥脇達也 男
Ba. 黒川絢太 男
Dr. 山田康二郎 男

 

少し前まではキーボードでもう1人女性がいたが2016年に脱退。

 

 

曲の特徴

 

 aikoを思わせるような楽曲から聴いたことのない新しい雰囲気の楽曲まで個性的に展開。特に歌詞が際立っていて一度聴いたら病みつきになるくらいパンチの効いたものが多い。歌詞の譜割もオリジナリティーがあって飽きさせない。

 

 楽器隊もめちゃくちゃかっこいい。ボーカル理姫の声もピカイチ。気だるげに歌う失恋ソングは思っている以上に中毒性がある。

 

 

 

aikoが推した曲


アカシック「8ミリフィルム」

 

「君の才能が欲しかった 

   超好きだったのにな」

 

aikoが推していた歌詞がここ。こんな歌詞他に誰が書けるんだろうと思う。

 

 

 

 

ちなみに私が特に好きなのは

 

「誰とも結婚なんてしないでね 

 さよならだけして」

 

 

 

 正直すぎるだろ。失恋した相手にこんなこと思ってても、大抵の歌は強がって「元気でいてね」とか「知らないところで幸せになって」とか言うのにこの人「誰とも結婚しないで」って言っちゃうんだ。

 

 

 「私と一緒にならないなら一生ひとりでいろ」みたいな気持ちなのかな。私は割と昔の恋人とかにそう思うからこの曲がすごく腑に落ちた。

 

 

 

 

知ってほしい曲

 

 そんなアカシックの楽曲から私が是非たくさんの人に知ってほしいものを印象に残る歌詞と共にピックアップ。聴いてください。

 

 

 

オレンジに塩コショウ


アカシック『オレンジに塩コショウ』

 

2:30~

「君の写真とか意味が分からない

 しっかりツバつけたつもりだった

 やられた 」

 

 

 この曲に関しては全部の歌詞が好きで選びにくいんだけど、1番最初に聴いたときに掴まれたのはこの部分だったと思う。

 

 

 狙ってた人もしくは元恋人が自分から離れていってしまってそれ以来現状なんて知らなかったけど、他の誰かのSNS上でその人が写っている写真があって見てしまった。みたいな状況だろうか。

 

 

 湘南のギャルの失恋ソングっぽくてハマる。聴いて。

 

 譜割が独特でサビ以外は歌詞見ないと理解不能。だからこそ何回も聴いちゃうし耳に残るしもっと知りたくなる。

 

 

 あとMVが狂気すぎて怖い。

 

 

ブラック

 

ブラック

ブラック

 

 

 

 上の「オレンジに塩コショウ」のカップリング曲。CD買うなり借りるなりして聴いて。もしあれなら貸すから言って。笑

 

 

 この曲も歌詞全部好き。選べない。

 

「あたしと違ってあの子を好きで

 あの子と違ってあたしも好きで

 意味わからない危うさであんたが好き」

 

 

初っ端からこれだよ。つよい。

 

 「あんた」はなんなの?二股か?しかも自分が嫌いな女と?なんかの小説読んでるみたいに意味深な歌詞でつい考えてしまう。

 

 サビはもっと惹かれるから。絶対聴いて。

 

 

 

 

 

結婚
結婚

結婚

 

 

 これもYouTubeにMVがないんだけど多分昔の恋人が結婚する曲だと思う。タイトルだけ見て結婚式用かと思ったら全然流しちゃダメなタイプのやつ。

 

 

 

「君が選ばない全ての

    ねぇ、何が嫌?」

 

 

 この一文に全部がこもっている気がする。選ばれなかった側の精一杯の祝電。ちょっと恨み込めちゃってるけど。

 

 

 

 

ヨコハマカモメ

 

ヨコハマカモメ

ヨコハマカモメ

 

 

  この曲は歌詞が好きというか曲全体の雰囲気がたまらなく好き。ハイヒール履いて気の強そうな女が横浜の海沿いの歩道をカッツカッツ歩いてるみたいな風景が浮かんでくる。

 

 あと1番の終わりの間奏が中華っぽいやつで面白い。ハマるから聴いて。

 

 

 

マイラグジュアリーナイト


アカシック『マイラグジュアリーナイト』

 

 

 この曲はaiko臭さがすごい。意識しているのかたまたまなのかわからないけど多分aiko好きな人はこの曲ちょっと好きかもよ。

 

 あとギターの人が気が狂ったかのような演奏するの。そういうの好きな人も見て。

 

 

「頭が空っぽな危うさで

 愛され喰い荒らす馬鹿を見せるよ」

 

 

どっからこんな言葉が出てくるんだってくらい乱暴なのに魅力的。

 

 

 これ丁度名前が一気に広まった時期に出たアルバムの曲だからか勝負掛けてるなって感じもあるし、万人受けしそうな雰囲気に上手くアカシックっぽさを練り込んでてまだまだ進化しそうだって思う1曲。

 

 

 

まとめ

 

 とにかく全部聴いてほしい。もっと知ってほしい。このままなんとなく消えてほしくはないバンドなんだよね。頑張ってほしい。

 

 インディーズ時代の曲にももちろん魅力的な曲はたくさんあるんだけど、メジャーデビューしてから磨きがかかってる。曲の完成度も高いし歌詞も洗練されてる。

 

 

 どのフェス行ってもアカシックがいるみたいな時代になることを望む。

 

 

エロティシズム

エロティシズム