おとちゃん!

超個人的な音楽系ブログ

超個人的音楽系ブログ

あいみょん「マリーゴールド」感想 / 花言葉を参考に意味を考えてみた

f:id:monmonb:20180719114245p:plain

 

 

 昨年「君はロックを聴かない」や「愛を伝えたいだとか」が話題になりぐんぐん知名度を上げてきているあいみょんの新曲「マリーゴールド」のMVが公開。

 

今回はどんな曲なのか...

 

 


あいみょん - マリーゴールド【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

 

 

万人受けする優しい曲

 

 

 前作の「満月の夜なら」や「愛を伝えたいだとか」は夜っぽい情景だったが、今作は朝焼けのような爽やかでちょっと気だるげに何かが始まるような情景が浮かんだ。

 

 

 そして攻撃的な歌詞が話題になりがちな彼女だから今回も際どいのかと思っていたら割と万人受けするような素直なラブソング。

 

 

 

 タイアップ曲なので当たり障りない感じになってしまってはいるが、その当たり障りないの中にもしっかりあいみょんぽさが出ているから「メジャーに染まっちゃった感」は少なめ。

 

 

 

 

幸せと切なさが混じったようなメロディー

 

 

 

 思いっきりラブソング幸せハッピーみたいな曲ではなく、どこか寂し気で愁いを帯びているのに「ずっとこの人と一緒にいるんだ」という確かに強い気持ちが感じられる。

 

 

 ちょっと昭和っぽさが混じる曲調が歌詞と彼女の声質を最大限に引き立てていて耳が気持ちいい。もうちょっと聴いていたいなぁと思っているうちに曲が終わってしまう。

 

 

 

マリーゴールドの花言葉

 

 マリーゴールドには様々な花言葉があり「変わらぬ愛」や「真心」から「絶望」「嫉妬」など見方次第で真逆のものになってしまう。

 

 

 2番の歌詞に「絶望は見えない」とあるので、マリーゴールドの悪いほうの花言葉は全部なしで「真心」だったり「変わらぬ愛」「信じる心」などを意味した歌詞だろうと考えられる。

 

 

 そうするともしかしてこの曲は「あなたのことを真っ直ぐな愛で変わらず愛していきたい」という究極のラブソングなのではないだろうか。

 

 

 今回もどうせとんでもない曲なんだろうと思ってたのにめっちゃ乙女じゃん。

 

 

※参考にした記事

mayonez.jp

 

 

 

おわり

 

 

 心が温かくなるような1曲。悲しむことに疲れた人におすすめ。