おとちゃん!

超個人的な音楽系ブログ

超個人的音楽系ブログ

【雑談】Twitterに登録したばかりだった頃のおはなし...

お題「わたしの黒歴史」

 

f:id:monmonb:20180801195410p:plain

 

 

ネタ切れすぎて初めてお題スロットというものに挑戦。

 

 

 

思い出したくもない黒歴史

 

 私が高校に入学したての頃主流だったSNSは「mixi」でした。高校入試に合格してすぐに「○○高校入学予定の集い」みたいなコミュニティを作ったことも良く覚えています。(その時点でかなり恥ずかしい)

 

 

 そして入学してしばらくした頃に後輩の子に勧められてTwitterに手を出しました。その頃はまだまだTwitterは今ほど主流ではなく、使い方も知らないし自分の周りの友達も使っていませんでした。

 

 

 そんな中ちょっとの優越感に浸りながら右も左も分からないTwitterの世界に飛び込んだ私がやったこと...。

 

 

 本当に恥ずかしいんだけど。思い出すたびに「うぉぉぉぉおっ」ってなるやつなんだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 当時好きだったバンドのbotアカウントに毎日リプライを送り続けました。

 

 

 

 

 

 しかもTwitterを教えてくれた後輩ちゃんに「好きな芸能人から返信きたよ!」なんて報告までしちゃっていたんです。

 

 後輩ちゃんは気付いていたかもしれませんが「え!すごい!よかったですね(*´▽`*)」なんて返事をくれました。恥ずかしすぎる。

 

 

 

 そのうえ送られてくるのが定型文なことに気付かないからbotが「これからライブ!」と言えば「応援してます!」って送ったしなんならそこから30分くらい定型文との会話を楽しんでいました。もちろん当時は本人からの返信だと信じていました。

 

 

 

 しかし何週間かするとさすがに「なんかいつも同じこと言ってるし返信も私が送ったことと噛み合わない...」と思うようになりました。

 

 

 

 その後どのタイミングでどう気付いたのかは分かりませんが今ではちゃんとbotアカウントを理解してTwitterライフを満喫しています。

 

 

 

 

 当時の私のひとり相撲を目撃していた人がいると考えただけで顔から火が出るほど恥ずかしいです。まさに黒歴史。笑

 

 

 

 ちなみにTwitter初投稿は「よくわからない...」だったのを覚えています。笑

 

 

 

 

 夏が夏になりすぎてバテ気味ですが熱中症とbotアカウントに気を付けて元気に乗り切りましょうね。

 

 

 

おわり