おとちゃん!

超個人的な音楽系ブログ

超個人的音楽系ブログ

未だに「竹内電気」を思い出して切なくなるんだ

f:id:monmonb:20180831201401p:plain

 

 

有名なバンドではなかったけどめちゃくちゃ思い入れのあるバンドがいた。

 

 

 

竹内電気

 

竹内電気というバンドで、バンド名を言えばみんな「電気屋のはなし?」と返す。

 

聴いていたのが丁度高校生だったせいなのかもしれないが、彼らが解散した後はCDを見るだけで胸がキュッとなる。

 

 

好きになったきっかけ

 

 

 当時好きだった人が竹内電気を推していて、お近づきになりたいがためにYouTubeでSexySexyを聴いたらもうそれ以降好きだった人なんて割とどうでも良くて竹内電気が作る音楽にのめり込んで行った。

 


竹内電気-sexy sexy

 

 こういうザ・バンドみたいな音の音楽を聴いたのはこの時が初めてかもしれない。むしろ私がロックバンドにしか興味がわかなくなってしまった原因だ。

 

 これまでは西野カナとかEXILEとかジャニーズとか有名どころばかり聴いていたが、気が付けば西野カナの新曲すら分からず、EXILEは弟グループが沢山できていてジャニーズも知らない顔ばかり。世間から見れば完全に流行には乗れていない。

 

 

竹内電気のすきなところ

 

 

 

 古臭いと捉える人もいるかもしれないほど懐かしいサウンドに、どのアーティストにも埋めることのできない心の隙間を突いてくる歌詞、山下の声と斉藤の声の正反対さ、リズム隊の安定感、それにどのMVを見てもメンバーが楽しそうにしているところが大好きだった。

 

 

 私からしたらとても完成されていてすぐに有名になると確信していた。

 


竹内電気 / boys be

 


竹内電気 Baby I Love you

 

 

 

 

斉藤の脱退

 

 

 

 5人で完成されていたと思ったバンドから1人が抜けた。この時点で正直ふんわりと終わりを感じていた。

 

 竹内電気の曲は山下と斉藤の二人の声がないとだめだと思っていた。

 

 

 斉藤が脱退したあとは竹内が斉藤の隙間を埋めようとしていたように思う。しかし明らかにバンドが崩れていっているのが分かった。

 

 4人体制になってから竹内がメインで歌う曲が出てきていた。当時はまだバンドが解散なんて想像もしていなかったけど、5人のときからずっと山下がメインで歌ってきたのになぁって少し違和感を覚えた。

 

 

 

 まもなくして竹内電気は解散してしまった。

 

 

解散

 

 

 

 好きな歌手が引退するとか、バンドが解散するとかを目の当たりにしたのが初めてで衝撃的過ぎてなにも考えられなかった。竹内電気を知って3、4年目くらいの時だった。

 

 

 大きな原因は山下の脱退。バンドを続けていく気持ちがなくなってしまったとライブ当日にメンバーに告げたらしい。

 

 幾度と話し合いを続けた結果の解散という選択。

 

 

 自主企画の2daysライブは解散ライブとなり、急な発表に心が追い付かないまま本当に竹内電気はいなくなってしまった。

 

 

 私は1度も彼らのライブを見に行くことができなかった。

 

 

その後

 

 

 

 私はそれ以降彼らの音楽を気軽に聴くことができない。聴くたびに重たく痛い気持ちになってしまう。

 

 

 竹内電気というバンドのいた心を埋めたくていろいろな音楽を聴いた。どれも彼らの代わりにはならなかったが、また夢中になれるバンドと出会うことが出来た。

 

 

 これを読んでいる音楽好きのあなたには、バンドの解散・引退というのは割と突然に起こり得ることだということをちゃんと覚えていてほしい。

 

 

 ライブに行けるうちに無理してでも行くべきなんだ。今見送ったライブが最後になってしまう可能性だってある。私は竹内電気が解散したころはまだ電車に乗って出かけるという行為が一大事のように感じていて怖かった。本当に情けない。勇気を出して行っていれば一度くらいこの目で彼らを見られたかもしれないのに。

 

 

 

 

ONIGAWARA

 

 


ONIGAWARA「ヒットチャートをねらえ!」MUSIC VIDEO

 

 竹内電気の解散後に組まれたユニットとして知られているかもしれないが、解散前にもONIGAWARA名義の曲が「one day 110911」というCDに収録されている。このCDには他にも何組かのアーティストと4人体制の竹内電気の曲も収録されていた。

 

 

 

 

 本格的にONIGAWARAが活動を始めたが、竹内電気とは全くの別物の音楽だ。2人がやりたかったのは本当はこっちなのかと思うほど、サウンドも歌詞も竹内電気ではない。それが悪いわけではなくむしろ再スタートするなら大正解の選択だと思う。

 

 

 ONIGAWARAとしてのインタビュー記事で「コピーバンドの延長線みたいなバンドだった」「真剣に音楽を作るメンバーではなかった」なんて堂々と書かれていて私はとても悲しかった。

 

www.cinra.net

 

 自分の青春を詰め込み解散を嘆き未だにその影を追っているのに、そのバンドをやっていた本人からそんな言葉が出てくるなんて残酷だ。

 

 

 

 怒りがあるのも分かる、正直彼も未だに消化しきれていないからこその発言なのかもしれない。それでも言わないでほしかったと思ってしまう。

 

 

 

おわり

 

 

 

 竹内電気よりもっと前からずっと崇拝しているaikoだっていつかは引退する。大好きな04LimitedSazabysだっていつかは解散する。今走り出した若手バンドだって、どんなバンドだってアーティストだってこちら側から終わりを予測することはできない。

 

 

 だからこそ好きな音楽を聴いて、ライブに行って、フェスに行って今しかない音を聴きに行かないといけない。

 

 

 私は竹内電気の解散から「ライブへ行く理由」を教わった。もう彼らのライブに行くことは叶わないが、二度と「なんで行かなかったんだろう、一度くらいこの目で見たかった」なんてあんな思いはしたくない。